【iphone】バースト機能の使い方や写真の保存、削除する方法

【iphone】バースト機能の使い方や写真の保存、削除する方法

iphone バースト

 

iphoneに標準搭載されているカメラアプリには、便利な機能が多く付けられていますが、その中でも大きな話題になっているのが「バースト」です。

 

この機能は、スポーツや動物など動いている写真を撮るときに便利なもので、インスタ映えをしたいなら知っておきたいところ。

 

そんなiphoneのバーストは、どうすれば使えるようになるのか気になりますよね?

 

ここでは、iphoneのバースト機能の使い方や写真の保存、削除する方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.「バースト機能」を付けて撮影する方法

 

iphone バースト

 

iphoneのカメラアプリに搭載されている、「バースト機能」は激しく動いている被写体を写すのに効果を発揮します。

 

通常の状態ではバーストは「オフ」になっているので、連写とはなりません。

 

スポンサーリンク

 

バースト機能を付けて撮影するには、まずiphoneのホームボタンを1回押してから「カメラ」アプリをタップしてください。

 

iphone バースト

 

カメラアプリのトップ画面の下部にある、「撮影ボタン」を長押しします。

 

iphone バースト

 

長押しをしていると、画面に「数字」が表示されれば、これで「バーストモード」に切り替わりました。

 

iphone バースト

 

バーストモードになると、1秒間に10枚撮影されるんですね。

 

もし、数字が「60」となっていれば、6秒間ずっと押しっぱなしで「60枚」撮影できていることを意味します。

 

最大で999枚まで連写してくれるので、動きが速いスポーツなどで威力を発揮してくれるでしょう。

 

 

2.バーストで撮影した写真を「確認」する方法

 

iphone バースト

 

バースト機能を「オン」にした状態で撮影した写真は、通常の方法で保存されている訳ではありません。

 

通常の写真はカメラロールに、「単体」として保存されていますが、「バースト」で撮影された写真は「ファイル」が自動的に作られ保存されます。

 

バーストの写真を確認するには、まずiphoneのホーム画面から「写真」アプリをタップしてください。

 

iphone バースト

 

アプリのトップ画面の下部にある、「アルバム」というタブを選択します。

 

iphone バースト

 

アルバムがいくつか表示されるので、ここから「バースト」のファイルをタップしましょう。

 

iphone バースト

 

画面が切り替わり、撮影したバーストが表示されるので「サムネイル写真」を選択してください。

 

スポンサーリンク

 

すると、バーストの写真の詳細が表示されるので、画面下部にある「お気に入りを選択」をタップします。

 

iphone バースト

 

最初は1枚だけでしたが、撮影した全ての写真が一覧で表示されるようになりました。

 

あとは、スライドするなどして写真を全て確認できます。

 

 

3.バーストで撮影した写真を「選別して保存」する方法

 

iphone バースト

 

「バーストモード」で撮影した写真は、「バースト」アルバムに全て保存されています。

 

連写なのでほとんど同じような写真ばかりですから、容量の事を考えると不要な写真は消したほうが良いでしょう。

 

つまり、必要な写真だけを「選別して保存」すれば良いのです。

 

まずは、iphoneのホーム画面から「写真」アプリを起動してください。

 

iphone バースト

 

画面下部にある、「アルバム」を選択します。

 

iphone バースト

 

アルバムの一覧が出てくるので、「バースト」を選びましょう。

 

iphone バースト

 

バーストの写真の「サムネイル」が表示されているので、選びたいバーストの「サムネイル写真」をタップ。

 

すると詳細が表示されるので、画面下部にある「お気に入りを選択」をタップしてください。

 

iphone バースト

 

1枚ずつ写真を確認できるようになったので、保存しておきたい写真の右下にあるチェックボックスに「レ点」を入れます。

 

iphone バースト

 

保存する写真を選んだら、画面右上にある「完了」をタップしましょう。

 

iphone バースト

 

確認のメッセージが表示されるので、選択していない写真の処遇を選べば完了です。

 

一度削除すると、元に戻せないので注意してくださいね。

 

 

4.バースト機能を「削除」する簡単な方法

 

iphone バースト

 

iphoneのカメラアプリに搭載されている「バースト」ですが、この機能がある為に誤って「撮影ボタン」を長押しして連写してしまった経験がある人は少なくありません。

 

知らない間に連写モードになるなら、不要な写真で容量を圧迫するので困ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

実はとある方法を使えば、バースト機能を「解除」できるので「うっかり連写」を防止できるんですね。

 

バースト機能を解除するには、まずiphoneのホーム画面から「設定」アプリをタップしてください。

 

iphone バースト

 

設定に関する項目が出てくるので、「一般」を選びます。

 

iphone バースト

 

画面が切り替わるので、「アクセシビリティ」をタップしましょう。

 

iphone バースト

 

「アクセシビリティ」に関する設定一覧が表示されたら、そこから「Assistive Touch」をタップ。

 

iphone バースト

 

「Assistive Touch」の横にあるボタンを「オン」にします。

 

iphone バースト

 

画面中ほどにある、「新規ジェスチャを作成」の項目をタップしてください。

 

iphone バースト

 

すると編集画面が出てくるので、ここでジェスチャーを登録していきます。

 

まずは、画面中央部分を軽くタップしましょう。

 

iphone バースト

 

タップに成功したら、画面右上にある「保存」を選択してください。

 

iphone バースト

 

名前を付けたら、「保存」をタップします。

 

iphone バースト

 

準備が整いましたので、ホーム画面に戻って「カメラ」アプリを起動。

 

iphone バースト

 

カメラアプリのトップ画面に、「Assistive Touch」のアイコンが表示されているのでタップします。

 

iphone バースト

 

カスタム」のアイコンをタップ。

 

iphone バースト

 

先ほど登録した名称のアイコンが出てくるので、そちらをタップしてください。

 

iphone バースト

 

これでバーストが解除され、長押ししても連写されなくなります。

 

 

5.バースト機能が壊れている場合の対処法

 

iphone バースト

 

カメラアプリを起動し、「撮影ボタン」を長押しして「連写」されるのですが、写真が撮れていないなどのトラブルが発生したら、どう対処していけば良いのでしょうか?

 

症状や状況に応じて、考えられる原因は様々です。

 

以下から、バースト機能が壊れている場合の対処法を、いくつか紹介しますね。

 

 

@ 「Assistive Touch」が無効になっているか確かめる

 

iphone バースト

 

「Assistive Touch」は、タッチ操作などを補助してくれる便利な機能ですが、設定によってはバーストを無効にする恐れがあります。

 

そして、先ほど紹介した方法で「Assistive Touch」を、カメラアプリで有効にしているなら、バーストになりません。

 

まずは、カメラアプリで「Assistive Touch」が有効になっているかを確認し、なっているなら「無効」にしてください。

 

 

A iphoneを「再起動」してバーストできるか確かめる

 

iphone バースト

 

バースト撮影が行われているのに、カメラロールに保存されていない不具合が生じたら、まずはiphoneを「再起動」してください。

 

「スリープ」ボタンを長押しして、画面に「スライドで電源オフ」と出たら案内通りに従えば電源が落ちます。

 

電源が落ちたのを確認したら、再び「スリープ」ボタンを長押しすれば再起動が完了です。

 

これでバーストモードに切り替えて、連写をしカメラロールに保存されるか確かめてみてください。

 

 

B 「Appleサポート」に相談し対応してもらう

 

iphone バースト

 

カメラの「撮影ボタン」を長押しすれば、自動的にバーストに切り替わりますが、再起動しても症状が改善されないなら「カメラ」アプリが壊れている可能性があります。

 

この場合、個人でどうにかできる問題ではないので、「Appleサポート」に相談し対応してもらいましょう。

 

「初期化」をする可能性もあるので、その場合は事前にバックアップを取っておくとスムーズに進めることができますよ。

 

 

まとめ

 

iphone バースト

 

ここでは、バースト機能の使い方や写真の保存、削除する方法について紹介していきました。

 

iphoneに標準搭載されている「カメラ」アプリは、「撮影ボタン」を長押しすることで「バーストモード」に切り替わります。

 

写真は自動的に全て保存され、アルバムから1枚ずつ確認して「保存」するか「削除」するかを選べます。

 

「Assistive Touch」を使えば、バースト機能を解除できるので煩わしい場合は、この機能を活用しましょう!

引き続き、「iphoneの裏技・便利機能」を紹介していきます↓


スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています



「iphoneの裏技・便利機能」人気記事ランキング↓

iphone バースト

バッテリー寿命の確認方法や、長持ちさせるコツ5選


iphone バースト

「動きが遅い」と感じたら試してほしい対処法13選


iphone バースト

起動中の「アプリ」を終了させる便利な方法6選


iphone バースト

ウィジェットの設置や追加したい便利なアプリ7選


iphone バースト

コンパスの機能や使い方、精度を改善する方法4選


iphone バースト

メモアプリを「もっと便利」に使いこなすコツ10選


iphone バースト

解像度を変更したいなら試してほしい5つの方法


iphone バースト

リマインダーを「もっと便利」に使いこなすコツ8選


iphone バースト

ウォレットに「パス」を追加・編集する便利な方法


iphone バースト

人気の外付けマイク5選!低価格で高品質の商品特集


iphone バースト

バースト機能の使い方や写真の保存、削除する方法


iphone バースト

アラームの設定や削除、便利な編集機能の使い方


iphone バースト

おすすめのブラウザ8選!便利で快適なアプリ特集


iphone バースト

フリーズして固まるときに試してほしい対処法10選


iphone バースト

マルチタスクの表示方法や、便利な更新機能の使い方


iphone バースト

テレビやパソコンにミラーリングする便利な方法4選


iphone バースト

フラッシュをカメラ撮影や、通知で使う便利な方法


iphone バースト

wifiに繋がらない時に試してほしい対処法10選


iphone バースト

wifiが頻繁に切れる時の効果的な対処法11選


iphone バースト

iphoneの「本体が熱い」と感じた時に試して欲しい対処法11選


iphone バースト

盗難や紛失したときに「試してほしい」4つの対処法


iphone バースト

【iPhone】XとXSの違いまとめ|サイズ・スペック・カメラ機能を徹底比較


iphone バースト

【iphone】人気コントローラー7選!ゲームを快適プレイしよう


iphone バースト

テレビやパソコンにミラーリングする便利な方法4選


iphone バースト

ワードの便利な使い方や、編集・共有する方法


iphone バースト

エクセルの便利な使い方!編集や図形挿入する方法


iphone バースト

LINEの裏技・便利機能まとめ